JATE 財団法人 電気通信端末機器審査協会

「World IPv6 Dayへの対応について(第2版)」が公開

 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース(代表 江崎浩)から、World IPv6 Dayの対応と詳細を記述した 「World IPv6 Dayへの対応について(第2版)」(PDF、244kb)が公開されました。

IKEv2パブリックレビュー

フェーズ2 IKEv2の仕様適合性検査仕様書のパブリックレビュー期間が開始されました。

詳細はIKEv2パブリックレビューのページ(英語)をご覧ください。

 

日本のISPのWorld IPv6 Day対応について

世界と日本のコンテンツ事業者の皆様へ

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース

代表 江崎 浩

2011年6月8日に予定されている「World IPv6 Day」の開催に向け、日本のISPのWorld IPv6 Day対応等の状況について、以下の通りにご案内申し上げます。特にコンテンツプロバイダーの皆様は、ぜひご覧下さい。

日本におけるIPv4アドレス在庫、枯渇

   2011年4月15日に、日本国内のNIR(National Internet Registry)であるJPNICにおいて、通信関連事業者等に対する現行の規約に基づいたIPv4アドレスの通常の割り振りが終了しました。これは、日本を含むアジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫が枯渇したためです。この状況について、JPNICは次の通りアナウンスしています。

CEルータパブリックレビュー開始

 フェーズ2 CE(カスタマエッジ)ルータ 相互接続性試験シナリオのパブリックレビューが開始されました。
レビュー期間は2011年3月21日から2011年4月21日までとなっています。
詳細はIPv6 Ready Logo Programの公告(英語)をご覧ください。

IANAのIPv4アドレス在庫、ついに枯渇

 日本時間の2月3日深夜に、IANAから最後のIPv4アドレスブロックが割り振られ、IPv4アドレスの中央在庫が枯渇しました。

 詳しくはJATEも参加しているIPv4アドレス枯渇対応タスクフォースのニュースリリースをご覧ください。

SNMPパブリックレビュー開始

フェーズ2 SNMPのパブリックレビューが開始されました。
レビュー期間は2011年2月28日までとなっています。
詳細はIPv6 Ready Logo Programの公告(英語)をご覧ください。

IPv6 Ready Logo Phase-1(シルバーロゴ)プログラムの終了について

 このたび IPv6 Ready Logo Committee は、IPv6機器の高い品質の確保と認証基準の両立を図るため、Phase-1(シルバーロゴ)プログラムを終了することとなりました。これに伴い、Phase-1ロゴの新規申請受付は2011年9月をもって終了する予定です。
今後は、より高レベルな相互接続性を認証するPhase-2(ゴールド)ロゴの取得をお勧めします。
なお、取得済みのPhase-1ロゴに関しては、認証製品に関する情報のメンテナンスのみを行うこととなります。

DHCPv6マイナーリビジョンアップ

 フェーズ2 DHCPv6 プログラムのテスト仕様書がマイナーリビジョンアップし、バージョン1.1.3がリリースされました。

 詳細は技術情報のページ(英語)をご覧ください。

IMS UEトライアル開始

 フェーズ2 IMS UEのパブリックレビューが終了し、トライアルが開始されました。

 詳細はIMSトライアルのページ(英語)をご覧ください。

コンテンツ配信

RSS

コンテンツ配信

当サイトについて

当サイトで提供しているIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programの翻訳情報はIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled ProgramのWebサイトをJATEが必要性の高いものから翻訳しています。

IPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programに関する情報の原本はあくまで英文サイトであり、翻訳が原因で生じる一切の事象に対してJATEは責任を負いかねますのでご了承ください。

あなたがお使いのIPアドレスは 54.80.146.251 です。

ID: W1-JP-00000652

IPv4アドレスの枯渇についてはこちら(JPNIC)を参照してください。


総務省およびテレコム/インターネット関連団体による"IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース"についてはこちらを参照してください。