JATE 財団法人 電気通信端末機器審査協会

Interoperability Testを行う際にTAHI Projectの「vel」を使用することはできますか?

「vel」はTAHI Project (2012年で活動終了)が独自に作成し、CHT-TL(台湾)が管理しているソフトウェアです。
「vel」を利用する事はできますが、IPv6 Ready Logo Programのテストにおいて「vel」の使用は必須ではありません。また、「vel」が最新のテストシナリオをサポートしている保証はありません。
ご使用の際は、テスト結果のログが最新のテストシナリオを満たしている事をご確認下さい。

RSS

コンテンツ配信

当サイトについて

当サイトで提供しているIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programの翻訳情報はIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled ProgramのWebサイトをJATEが必要性の高いものから翻訳しています。

IPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programに関する情報の原本はあくまで英文サイトであり、翻訳が原因で生じる一切の事象に対してJATEは責任を負いかねますのでご了承ください。

あなたがお使いのIPアドレスは 23.20.50.146 です。

ID: W1-JP-00000652

IPv4アドレスの枯渇についてはこちら(JPNIC)を参照してください。


総務省およびテレコム/インターネット関連団体による"IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース"についてはこちらを参照してください。