JATE 財団法人 電気通信端末機器審査協会

IPv6 Enabled Program 翻訳情報

このページでは国際的なプログラムである "IPv6 Enabled Program" に関する情報を、JATEが独自に日本語化を行い、日本国内向けに発信しています。

IPv6 Enabled Programとは

IPv6 ForumのIPv6 Enabled Logo Programの目的はIPv6の導入を加速させることです。

IPv6 Enabled Logo Programは、現在既にIPv6に対応済みで、IPv6での利用が可能であることを示すことにより、ユーザーからの信頼性を高めることを目標としています。

IPv6 Enabled Logo Programは2つのサブプログラムから構成されています:

  • IPv6 Enabled WWW Logo Program
  • IPv6 Enabled ISP Logo Program

 

取得可能なロゴについて

IPv6 Enabled ProgramのサイトでIPv6 Enabled WWW Logo、IPv6 Enabled ISP Logoの取得ができます。


 IPv6 Enabled WWW Logo 

Basicレベル
  • 概要

    BasicレベルではIPv6 Enabled WWWロゴ検査仕様書で定義された申請者のWebサイトへのIPv6での到達性を確認します。

    スクリプトの実行が成功すると、申請者のWebサイトにロゴIDが割当てられIPv6 Enabled Webページのリストに掲載されます。

  • 検査仕様書(ver.2.0.1)

    注)IPv6 Enabled Programでは規定されていませんが、次の項目についても確認されることが望まれます

    • 当該Webページ中に含まれる、他ドメインから取得するコンテンツ(情報)に関してもIPv6による通信によって閲覧可能であること。
  • 申込み方法
    1. IPv6 Enabled Logo WebサイトからIPv6 Enabled WWW検査仕様書をダウンロードする。
    2. オンラインで申込書に記入し、エントリ情報に記入し、IPv6 Enabled Logo Usage Agreementを完成した後、"apply"ボタンを押すことにより、利用規約に同意する意思を表明する。
    3. 申込書が確認され、基本的な到達性のチェックが実行されると、Webサイトのソースファイルに挿入するスクリプトとともに、ダイナミックイメージロゴを入手することができる。スクリプトはWebサイトのIPv6による到達性をチェックする。
    4. 3.で入手したスクリプトをWebサイト上に埋め込む。これが正常に実行された場合、ユニークなシリアル番号を含んだロゴIDを受け取る事ができる。
    5. WebサイトがIPv6 Enabled WWW Webサイトリスト上に表示される。
  • 利用規約(対訳形式)
  • 申込み(英文)
  • 申込書の記入方法
  • 登録済Webサイト一覧(英文)
Advancedレベル

現在、IPv6 Enabled Logo Programでは参考となる情報や意見を一般募集しています。もし良い提案があればipv6enabled-info@ipv6forum.comまでメールをください。あなたのサポートや協力はとても感謝されるでしょう。


 

IPv6 Enabled ISP Logo 

Basicレベル
  • 概要

    Basicレベルでは、IPv6 Enabled ISPロゴ検査仕様書で定義された申請者のIPv6サービスを確認します。

    スクリプトの実行が成功すると、申請ISPにロゴIDが割当てられIPv6 Enabled ISPのリストに掲載されます。

  • 検査仕様書(ver.1.0.0)

    注)IPv6 Enabled Programでは規定されていませんが、次の項目についても確認されることが望まれます

    • サービスに使用するサーバに関して、IPv6インターネット接続環境から利用可能であること。
    • サービスに使用するサーバにメールサーバが含まれる場合には、IPv4、IPv6の双方のユーザ間でメールの送受信が出来ること。
    • サービスの提供にサーバを用いない場合は、サーバへのIPv6インターネット経由での到達性は問わない。
  • 申込み方法
    1. IPv6 Enabled Logo WebサイトからIPv6 Enabled ISP検査仕様書をダウンロードする。
    2. オンラインで申込書に記入し、エントリ情報に記入し、IPv6 Enabled Logo Usage Agreementを完成した後、"apply"ボタンを押すことにより、利用規約に同意する意思を表明する。
    3. ISPオーナの申込書が確認され、基本的な到達性のチェックが実行されると、Webサイトのソースファイルに挿入するスクリプトを入手することができる。スクリプトはISPのサービスのIPv6による到達性をチェックする。
    4. 3.で入手したスクリプトをWebサイト上に埋め込む。これが正常に実行された場合、ユニークなシリアル番号を含んだロゴIDを受け取る事ができる。
    5. ISPがIPv6 Enabled ISP Webサイトリスト上に表示される。
  • 利用規約(対訳形式)
  • 申込み(英文)
  • 申込書の記入方法
  • 登録済ISP一覧(英文)
Advancedレベル

現在、IPv6 Enabled Logo Programでは参考となる情報や意見を一般募集しています。もし良い提案があればipv6enabled-info@ipv6forum.comまでメールをください。あなたのサポートや協力はとても感謝されるでしょう。


  

申込書の記入方法

WWWロゴ

全て英語でご記入ください。

Organization ☆ 会社名/団体名/サービス名等を記入
Countory and Region ☆ プルダウンメニューより"JP"を選択
URL ☆ IPv6に対応したWebページのURLを記入
Tags ☆ プルダウンメニューより該当するものを選択
Email Address ☆ 連絡担当者のメールアドレスを記入
(登録したURLは1日1回チェックされます。一定数チェックにひっかかった時、連絡のメールが来ることがあります。)
Password ☆ 登録内容の変更時に使用するパスワードを記入
Confirm Password ☆ 確認用にパスワードを再記入
Type the code shown ☆ 欄の右側に表示された文字を記入(Refreshをクリックすると変わる)

☆印は省略不可を示す。

 

ISPロゴ

全て英語でご記入ください。

Organization ☆ 会社名/ISP名を記入
Country and Region ☆ プルダウンメニューより"JP"を選択
IPv6 Address Block ☆ 保有するIPv6のアドレスブロックを記入(複数ある場合は","かスペースで区切る)
  例 2001:c68::/32 等
AS Number ☆ 保有するAS番号を記入(複数ある場合は","かスペースで区切る)
  例 4134 等
Email Address ☆ 連絡担当者のメールアドレスを記入
Contact ☆ 連絡担当者名を記入
Website ☆ サービスのWebサイト(上記AS番頭、IPv6アドレスブロックのもの)
Link リンクタイプを記入 例 トンネル、ワイヤレス、イーサネット等
Technology 採用している技術 例 PPP、Teredo等
ISP Description ISPのアピールポイントを記入(英数で500文字以下)
Password ☆ 登録内容の変更時に使用するパスワードを記入
Confirm Password ☆ 確認用にパスワードを再記入
Type the code shown ☆ 欄の右側に表示された文字を記入(Refreshをクリックすると変わる)

☆印は省略不可を示す。

 

免責事項

当ページに記載されている情報の正確さには留意していますが、"IPv6 Enabled Program" の公式な情報はIPv6 Enabled Programのサイト(英文)のものであり、JATEは利用者が当ページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

 

RSS

コンテンツ配信

当サイトについて

当サイトで提供しているIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programの翻訳情報はIPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled ProgramのWebサイトをJATEが必要性の高いものから翻訳しています。

IPv6 Ready Logo ProgramおよびIPv6 Enabled Programに関する情報の原本はあくまで英文サイトであり、翻訳が原因で生じる一切の事象に対してJATEは責任を負いかねますのでご了承ください。

あなたがお使いのIPアドレスは 54.197.142.219 です。

ID: W1-JP-00000652

IPv4アドレスの枯渇についてはこちら(JPNIC)を参照してください。


総務省およびテレコム/インターネット関連団体による"IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース"についてはこちらを参照してください。